あなたは分ける派?分ない派?洗面所と脱衣室を分けるメリットデメリット



先日、Instagramのストーリーでこんなアンケートをとってみました。

「あなたは洗面所と脱衣室を分ける派?分ない派?」

そして回答結果はこんな感じになりました☝️

・分けたい派62%
・分たくない派38%

おー!分けたい派の方が上回リましたね!

ご回答くださった皆様、ありがとうございました✨

ということで今回のブログは、

「洗面所と脱衣室を分けるメリットデメリット」

について書いていきたいと思います!

分けたい派の方も分たくない派の方も是非最後までご覧くださいね♪

■洗面所と脱衣室を分けるメリット



洗面所と脱衣室を分けるメリットはなんといっても、

洗面所と脱衣室を同時に別々の人が使える

というものではないでしょうか。

たとえ家族とはいえ、洗面所と脱衣所が一緒だと、誰かが入浴中の時は洗面所を使うのに気を使うこともありますよね。

ご両親と同居されていたり、年頃のお子様がいらっしゃったりするご家庭だと尚のこと気を使う場面も多いのではないかと思います。

洗面所と脱衣室を分けることによって、それぞれのプライバシーを守ることができるという点で、人気が高くなっているんですね。

ではデメリットの面も考えてみましょう。

洗面所と脱衣室を分けるということは、それぞれにそれ相応のスペースが必要になってくるため、ある程度広さが確保できるお家でないと、実現するのが難しい場合もあります。

また、コスト面でもお部屋1つ分高くなってしまいますね。

■分ける場合はどのくらい広さが必要?

では、洗面所と脱衣室を分ける場合、どのくらいの広さが必要になってくるのでしょうか。

ご家庭の事情にもよりますが、脱衣室の場合は着替えができればいいと思いますので1畳〜2畳程度考えればいいと思います。

例えばこちらの間取りの場合、2帖の広さの洗面室と1帖の脱衣室を設けています。



脱衣室には収納スペースがあり、タオルやご家族の下着をまとめておけるのが便利ですね☝️

また洗濯機を脱衣室に置きたい場合はプラス0.5畳くらいといったところでしょうか。

ただし家族が何人いて、収納もこれくらい欲しいなど、各ご家庭によって必要な広さは変わってきますので、しっかり考える必要がありますね。

■洗面所と脱衣室を分けないメリット



洗面所と脱衣所に充分広さが取れないのであれば、分けないメリットの方が大きくなっていきます。

せっかく分けたとしてもそれぞれが狭い空間になってしまうと生活がしづらくなってしまいますもんね。

例えばこちらは2帖の洗面室です。



このスペースで脱衣室と洗面室を分けると、どちらも1帖しかとれないので使いづらい空間になってしまいます💦

そういった場合は1つの空間にすることをおススメしますね。

また、ランドリールーム兼脱衣所として使いたいという方もいらっしゃいますし、洗濯から部屋干しまでそこで全て完結する空間だと、家事が楽になるというメリットも。

小回りが効くお家になりますし、コスト面でも有利なのではないでしょうか。

■ライフスタイルに合ったご提案をいたします!

いかがでしたか?

今回は、

「洗面所と脱衣室を分けるメリットデメリット」

について書かせて頂きました。

みなさんそれぞれご希望があると思いますし、メリットデメリットもそれぞれあるかと思います。

井尻ハウビングでは、そういった点を考えながら、お施主様のライフスタイルに合ったご提案をすることができます!

「洗面所と脱衣室を分けたいんだけどどう思う?」

などございましたら、是非私たちにご相談くださいね♪


**

★ 店舗の住所やお電話番号は、こちらの店舗紹介ページをご覧ください
https://www.houving.jp/company/access/
 

感動リノベーション事例

お客様インタビュー

ブログ

イベント情報

お役立ち情報

お問い合わせ

株式会社井尻ハウビング

  • 本店(亀岡店)
  • 本店(亀岡店)

    〒621-0811 京都府亀岡市北古世町 2-13-8 フリーダイヤル 0120-03-1268 TEL 0771-22-1268 FAX 0771-23-6212

  • 西大路御池店
  • 西大路御池店

    〒604-8437 京都府京都市中京区西ノ京東中合町46 フィル・パーク京都西大路御池2F フリーダイヤル 0120-03-1268 TEL 075-744-6156 FAX 075-744-6157