何もないお風呂場ってなに!?マグネットがくっつくバスルームで浮かせる収納を実現!

みなさんこんにちは!

井尻ハウビングの広報担当です♪

今回は最近のバスルーム事情について書いてみたいと思います。







みなさんは

「何もないお風呂」

って想像できますか?

最近では壁にマグネットをつけることができるタイプのバスルームが増えてきました。

そのおかげで棚などの収納をリフォーム後にカスタマイズできるようになったのです!

■なぜ壁に磁石がくっつくの?






なぜバスルームの壁に磁石がくっつくかというと答えは簡単!

浴室壁面の裏に鋼板(こうばん)が入っているからなのです。

鋼板とは鉄の板のことで、これが仕込まれている壁は一見プラスチックなんかに見えますが、磁石をつけることができます✨

最近では磁石がくっつくバスルームにリフォームしたい!というお客様からのご相談も多く受けるようになりました。

昔はマグネットがつくお風呂場なんて無かったですものね。

「マグネット収納をつけたいから余計なものは全部無しにして!」

これが「何もないお風呂」の正体なのです。

そして磁石がくっつくバスルームが増えてきたこともあって、様々なマグネット製品が販売されています。

シャンプーボトルや棚はもちろんのこと、シャワーヘッドをかけておくフックや洗面器用のフック、そしてなんと鏡までマグネットでつけることができるんですよ⭕️

実はこちらのバスルームのシャワーフックもマグネットでついています!



う〜ん、便利な世の中になりました(笑)

■マグネット収納のメリット

マグネットを使うことで浮かせる収納にすることができる。

そのメリットはなんといってもお掃除がしやすいことですね!

床に直置きのラックなどを設置していると、設置面に髪の毛が挟まったり、水垢がたまる原因になります💦

また従来のバスルームのように棚を固定してしまうと、壁と棚の隙間がお掃除しづらくてカビが発生する原因にもなります。

これをマグネット収納にすることで、お掃除をする時に簡単に取り外すことができますし、浮かせる収納にすることで床のお手入れも簡単に♪

そして何気に便利なのがお風呂の蓋収納ですね!

壁にかけることができるので倒れる心配も減りますし、同時に乾かすことができちゃいます✨

■色々な収納でお風呂のインテリアが楽しくなる!

最初にも書きましたが、マグネット対応のバスルームが普及してから、色々なマグネット収納が増えてきました。

山崎実業さんのタワーシリーズなんかが有名ですね!

実はわたしも愛用者の1人で、珪藻土バスマットの収納に使わせていただいてます✨

珪藻土マットは調湿性に優れているのでとても便利なのですが、衝撃が加わったり倒れたりすることで割れてしまうことが😭

これをしっかり壁に固定しながら乾かせるのはめちゃ便利なのでオススメですよ⭕️

そしてそんなマグネット収納を使うことのできるバスルームリフォームも井尻ハウビングではバッチリご提案させていただいています!

収納インテリアも含めてバスルームのリフォームをお考えの方は、是非お気軽にご相談くださいね👍

**
★ 店舗の住所やお電話番号は、こちらの店舗紹介ページをご覧ください
https://www.houving.jp/company/access/
 

感動リノベーション事例

お客様インタビュー

ブログ

イベント情報

お役立ち情報

お問い合わせ

株式会社井尻ハウビング

  • 本店(亀岡店)
  • 本店(亀岡店)

    〒621-0811 京都府亀岡市北古世町 2-13-8 TEL 0771-22-1268 FAX 0771-23-6212

  • 西大路御池店
  • 西大路御池店

    〒604-8437 京都府京都市中京区西ノ京東中合町46 フィル・パーク京都西大路御池2F TEL 075-744-6156 FAX 075-744-6157